あーぱむの航海日誌~底辺独身女子の日常~

人生は冒険だ。何が起こるかわからない。

17.エレクトーンを捨てました


今日、粗大ごみを出しました。



ソファーとエレクトーンです。このソファーは2代目で、3人掛けだけど基本的には母の昼寝用みたいなものでした。真ん中は座ると沈むし、生地もボロボロだったのですっぽり被せるソファーカバーをつけていましたが、今日外してみて”こんなんだったなぁ”と懐かしくなりました。


エレクトーンは小学生からずっと一緒にいました。中学生で習い事は辞めたけどたまに弾いていて、でもタオルを乾かしたり物置化していました。少し前にジモティで出そうと電源を入れたら、ずっと使ってなかったからか音が出なくなっていました。


音が出ないんじゃただの置物だし捨てるしかない、と判断。


ずっとあったから寂しい気持ちもあるけど、今日捨てることになりました。でも捨てるとなると色々な思い出が蘇ってくるんです。


当時、ピアノかエレクトーンどちらを習うかヤマハの人と話していた時、いろんな音がたくさん出るのに魅力を感じたのか即決でエレクトーンになったらしいです。習い始めのこととか、練習風景の記憶はそんなに残っていません。


記憶があるのは、練習中に不機嫌になり先生をよく困らせていたことと、発表会です。小さい頃の私は本当にひねくれていたので、、、先生はよく嫌にならず教えてくれていたなと、感謝しかないです。


発表会は、他のクラスの子と合同でやっていたので楽しかったのを覚えています。教本にないようなPOPな曲が多くて、そういえば”A・RA・SHI”も演奏しました。懐かしいです。


中学、高校では吹奏楽部だったので結構弾く機会も多かったです。聞いた音楽を耳コピして弾いたりもしてました。高校卒業後は年2~3回触るか触らないか程度になりましたね。


当時のエレクトーンの金額は知らないけど、ちゃんと元を取れるほど使いこなしたのかな?とふと思ってしまいました。こんなに高価なものを買ってもらったのに、好きで没頭するわけでもなく、たいして上手くなるわけでもなく、ずっと大事にするわけでもなく、、、。


なんか、親にもエレクトーンにも申し訳なくなってしまいました。


なんで習うことになったのか覚えてないけど、続くのかわからない私にエレクトーンを買ってくれたことに感謝です。水泳の水着やバスケのボールとは比べ物にならない金額なのに。もっと必死に練習して好きになるべきでしたね。


もっといろんな音を使って、いろんな機能も駆使して演奏してあげればよかったなと、今更思ってしまいました。音楽の楽しさや感性も磨かれたので、とても感謝しています。25年くらいになるのかな、、、今までありがとう。